お正月の遊びを通して

伝承(お正月)遊び物が
玄関前に登場して 興味津々の子どもたち。
「どうやったら コマを廻せるかな?」
「羽子板は出来るかな?」
「福笑いをやってみない」
とお友だちを誘いながら 挑戦しています。

ゆりさん(年長児)が
「こうやって持つと たくさん飛ぶよ」と
羽子板の持ち方を つぼみさん(年少児)や
ちゅうりっぷさん(年中児)に教えたり
正月輪投げをしているお友だちに
「あと少し、おしい!」「頑張って」と
応援する姿や 楽しんでいる様子が たくさん見られ
まさに年長児から年少児へ遊びを継承する
「サムエル版の伝承遊び」。
これからも どんな発展が見られるのか ワクワクです。

writer N・O

関連記事

  1. 坂本先生、お久しぶりです

  2. 4人の卒園生

  3. サムエル畑

  4. 小さな発見(年少児泥んこ遊びより)

  5. サムエル幼稚園の「質の高い保育」

  6. 雨の日

  7. 毎日が発見

  8. 夏休み中に卒園生のF君とRちゃんが遊びに来て下さいました。