うれしい驚き

折紙、工作、ブロックの作品やピアニカなど

子どもから「みんなに見せたい!」「発表したい!」と

希望があった時、朝や帰りの時間に

発表する場(プレゼン)を設けています。

先日、年長T君の発表は こうでした。

「これはマラカスです」と高く掲げながら まずタイトル宣言。

「こんな音がします」と大きく振って 音を聞かせる。

そして…

「中に何が入っていますか? というと…」

絶妙な間をおいて…

「ジャジャーン!コルクでしたー!」と

中身を1つ取り出して見せる。

さらに…

「何個入っていますか? というと…」

「1,2,3~7!」とみんなに見えるように

一つずつ床に並べたのです。

クラス全員の視線が グッとそこの集まり

身を乗り出して見ている お友だちもいます。

何度も発表を重ね お友だちの発表を見て学ぶうちに

相手に興味を持たせる 見せ方 伝え方

これほどの力を体得していたのかと

うれしい驚きがありました。

満足そうに 自信に満ちた表情で 席に戻ったT君。

また、発表してね。

 

Written:J・T

関連記事

  1. 温かな手

  2. 喜んで下さいますように…

  3. 見に来てくれました

  4. パラソル開いているかな?

  5. ディズニーランド・卒園遠足

  6. どろんこデビュー

  7. はたけ

  8. みんなで大掃除